一級建築士 望月一也

木造注文住宅で培った技術で、自分が納得できる仕事にこだわっています。

こんな気持ちでやっています お客様の立場になって、末永くご利用頂ける建物作りを。

実家が建築業だった為、何の迷い・疑いもなく建築の道に進みました。学校卒業後は地元ゼネコンに就職。10年余現場管理の仕事でお世話になり、様々な場所、建物、お客様、各業者さんと大変貴重な経験を積む事が出来ました。当時手掛けた建物を目にすると色々思い出され感慨深いものがあります。その後、家業を継ぐ為退社。20年余り主に木造注文住宅の仕事に携わって来ました。ゼネコン時代の経験はその後の仕事から現在に至るまで充分活かされています。平成27年、稼業は実家に預け、より幅広い仕事を手掛けるために再び古巣の職場にお世話になる事となり現場管理の仕事に戻って来ました、今までの経験を更に活かしたいと思っています。

私の得意分野 お客様とのコミュニケーションを第一に考えています。

一通りの建物はこなせると思っていますが、慣れ親しんだ木造建物が得意だと自負しております。特に住宅建築はお客様の一生の宝物。ご納得頂けるまで打合せが重要だと常々思います。各業者さんにはお客様の意向を十分理解してもらい施工に取組んで行ける様細かい部分まで話し合っています。住宅建築は情報が膨大でお客様に教えて頂く最新の情報も多々あります。常にアンテナを広げ対処出来る様仕事を熟して行きたいと思っています。

忘れられない仕事

花井様戸建賃貸住宅建設工事/富士市
こちらの会社でお世話になってから初の新築工事でした。木造住宅に携わって在来工法・丸太組工法は経験済みでしたが、2×4工法の施工は初めて。多少の不安はありましたが、基本的には在来工法と大差無いと思いました。施工図チェック時には、在来工法なら可能なベランダの勾配が2×4工法では不可能だと言われ、知らない強みだったのかもしれませんがそれでも食下がり「何とか出来るだろう」と施工図担当者と幾度となく打合せ、なんと不可能を可能にしました。施工時は雨対策に幾度となく悩まされましたが、それも今ではやり切った良い思い出です。
先人の匠に触れた古い木造建物
3階建ての蔵や、旧富士川町の町指定文化財「小休本陣常盤邸」など、100年以上も経つ古い木造建物の改修工事を幾つか経験させて頂きました。工法・継手・使用材料など今日では目にする事の無い物に触れ、先人の優れた技術に改めて敬服。これらの保護、継承の必要性を感じました。